生命保険をもっと賢く活用しよう

ライフステージの変化で必要な保障も変わる

病気やケガで入院・手術をすることになった場合に給付金がもらえたり、万が一の際に残された家族にまとまったお金を残すことができるのが生命保険です。保障内容によってさまざまな種類の主契約があり、保障期間や保険料の払い方などもそれぞれ異なった特徴を持っています。

しかし、年齢の経過とともに必要な保障も変わっていくので注意が必要です。例えば結婚した場合で考えると、これまでは自分一人のための保障で十分でしたが、配偶者や子どもの生活費、教育費、住宅ローンに対する備えが必要になってきます。そのため、収入保障保険や学資保険、団体信用保険といった生命保険に加入し、万が一のリスクに備えられるように定期的に保障内容をチェックすることが大切です。

反対に、子供が独立したり住宅ローンを払い終えると必要な保障額はぐんと下がります。40代~50代になると今度は老後の生活のために個人年金保険や投資信託といった方法で資産運用を行っていくことも大切になります。つまり、無駄な保険料を削減して将来への備えに回すという見直しが必要になってきます。

生命保険はどうやって見直せばいい?

生命保険を見直すためにはまず今の自分にはどんな保障が必要なのかを把握することが大事です。独身の人には数千万円もの死亡保障は必要ありませんし、子供が増えるたびに学資保険に加入する必要もありません。将来どんなリスクや支払いがあるのか、それに対してどのような備えをするべきなのかを理解すると必要な保障が見えてきます。

また保険料の払い方にも見直しのポイントがあります。60歳など特定の年齢までに保険料を払い込んでしまう払済と、一生涯保険料を払い続ける終身払いがあります。もし払込免除特約を割安の保険料で付加できるのであれば、終身払いにしてしまった方がお得になることもあります。反対に老後の生活に対して余裕を持って備えたい方は払込の方が気持ちに余裕が出るでしょう。

大切な保険金の受け取り方も途中で変更できるので見直しておきたいところです。一括で保険金を受け取るとまとまったお金を手にすることができますが、もらえる総額としては最も少なく所得税の課税対象となるので注意が必要です。反対に分割で受け取ると毎月一定の金額しかもらえませんが、総額として大きくなり毎年の税額控除をうまく活用すれば節税にもなります。

おすすめは無料で利用できる保険相談

しかしながらこのように1つ1つ加入中の生命保険について点検していくのはとても困難な作業です。そこでおすすめしたいのが無料で保険のプロであるファイナンシャルプランナーがいろいろなアドバイスをしてくれる保険相談サービスです。

特定の保険会社の代理店とは異なり、数十社以上の保険会社と提携しているので数多くの保険商品からあなたに合ったものを勧めてくれます。保険相談には店舗型と出張訪問型がありますが、近くに店舗が無い方などは無料で自宅まで出張してくれるサービスを活用しましょう。キャンペーン中であればうれしいギフトなどもプレゼントしてくれるので、加入中の生命保険を見直したいという方は一度ご利用されることをおすすめします。

参考サイト →